YOUTUBE 2作目アップしました。

皆さんこんにちは。社長の平野です。この度、やっと第二作目のYouTube動画を配信することができました。前回から約1か月です。もし、楽しみに待ってくれていたファンの方がいましたら「大変お待たせしました!」笑。今回はこのYouTubeを製作している中でふと疑問に思ったことがあったので書いてみたいと思います。そもそも、私はこんな事していて良いのか?という疑問です。これは私のやるべきことなのか?という疑問です。決して面倒臭いからとかではなく、性格上何でも「自分でやりたい派」なので何でもかんでも手を付けて、挙句の果てにやり切れずに中途半端。結果周りの人たちは振り回される。そんな経験が過去にあったような気がします。はい。ありました。これが、自分の私生活や趣味だったら、全然問題ないのでしょうが、会社の社長という立場から考えてみると、ん?んーん?となった訳です。もちろん想いは純粋で少しでも自分たちでやれれば経費も掛からないし会社にとっても良いはず。それに何事にもチャレンジするのが自分のポリシーだし、自己成長にもつながる。さらには会社の発展につながり安定した経営基盤のもとお客様も従業員もみんながハッピーで素晴らしい未来がやってくるはずだ!それにもし「ヒラボチャンネル」が人気チャンネルになったらユーチューバーとして収入を得ることになるなと。その場合の報酬は私個人が貰って良いのだろうか。やっぱり会社だな。ということは別の部門を作ることになる。これは異業種参入だ。そうなれば会社としてリスクの分散ができ、より強い会社になるな。等々、壮大な妄想のもとトライしているのですが、なんせ効率は悪いし、出来栄えだってイマイチでとてもプロとは比較できないような出来栄えです。そういえば、このまえ現場で整備の手伝いをしようとしたら、社長結構です。なんて言われてしまいました。そう。みんな立場によってやるべきことが違うし、中途半端ならやらない方が良いこともあるのかもしれない。
こんなことを、ふと考えてしまったというわけです。みんなそれぞれに立場が違って、それぞれの立場で何をしなければならないか。何をしてはいけないのかということを考えて仕事をしよう。与えられた仕事をキッチリとこなすことが全体にとって良いこと。限られた時間の中で何をするべきかを判断し確実に実行できるのが優秀な人材で、そういう人は結果を出す。みんなも自分の仕事を責任をもってやりましょう。それをやらないと余計な仕事が増えて結果お客様に迷惑をかけてしまう。あれもこれもやろうとしてもダメ。ひとつづつやっていくしかない。「一俵の俵も一粒の米から」と二宮尊徳も言っていたんだよ。なんて偉そうに色々と言っていた自分はなんなんだ。などとも思ってしまいました。ということで、普段は従業員の皆に色々と偉そうに言っている割には自分のしていることが、本当にこれで良いのか?とそんな風に感じた次第です。次から専門家にお願いしようかなあ。どなたかうちのユーチューブの編集してくれませんかー!でも、頑張って作ったのでYouTube「ヒラボチャンネル」見てくださいね。良かったら「良かったよ」のコメントもお願いします。 平野

お気軽にお問い合わせください。
-Contact-

電話は9:00~18:00まで、予約とメールは24時間受け付けております。